脱毛 回数 部位

脱毛は何回で完了するのか?
部位別にまとめました

脱毛完了までの回数を部位別に解説します。

 

各部位をタップすると詳しい内容が見れるので、チェックしてみて下さい。
両わきの回数
vioの回数
太もも、ひざ下、腕、背中、お腹
手足の指と甲、乳輪周り
顔脱毛完了までの回数
全身

 

両ワキ脱毛完了の回数

両わきの回数ムダ毛のお手入れは当たり前!というくらい人気な部位が「両ワキ」

 

太い毛が多く、脱毛の光に反応しやすいため
8〜15回でツルツルになります。

 

ただ、ワキ毛の量が多い人は+5〜10回の追加を覚悟しておいてください。

 

両ワキ脱毛にピッタリなのはミュゼ★

ミュゼミュゼの凄いところは、
満足するまで何度でも両ワキ脱毛できる!
というところ。

 

6月は、全身から4部位選んで400円のコースが一番お得!
(このコースで両ワキを選択してくださいね)

 

一生ツルツルの両ワキでいたいのなら、ミュゼを選んでおけば間違いありません。

 

ちなみに、Vラインも何度でも通えるからセットにしちゃうのもアリ♪
ミュゼ

 

VIOライン脱毛完了の回数

vioの回数VIOラインは両ワキと同じで毛が太く、効果が出やすい部位です。

 

ただ、ワキよりも毛の量が多いので
最低でも12回は通うことになります。
(18回でほぼツルツルに!)

 

また、Vラインの毛をどれくらい残すか?によっても通う回数は変動します。

 

VIO脱毛は「痛くない」ミュゼが◎

ハイジニーナ7VIO脱毛にオススメなのがミュゼ。

 

おすすめの理由は、ほぼ痛みを感じない
“お肌に優しい脱毛方法”だからです。

 

他の部位よりもデリケートなVIOは、少し強い光を当てるだけで肌荒れを起こしてしまいます…。
カレシにドン引きされないためにも、サロン選びは慎重にならないとダメ!

 

でも高すぎると続けられないので、料金はしっかりと確認しておきましょう。

 

ミュゼのハイジニーナ7コース料金

ハイジニーナ7料金ミュゼ公式アプリをDLすると50%OFFになる今が狙い目ですね。

 

とは言え、他サロンの料金も気になると思うので比較しておきました↓

 

VIO脱毛の料金比較

サロン
(部位数)
回数 料金
(1部位1回)
ミュゼ(7部位) 4回 72,000円

36,000円
(1,286円)
ジェイエステ(5部位) 30,000円
(1,500円)
エピレ(5部位) 45,800円
(2,290円)
レイビス(5部位) 78,000円
(3,900円)

 

半額価格で計算すると1回9,000円になり、
1部位1,286円(9,000円÷7部位)なので、
ミュゼが一番お得なことがわかりますね♪
ミュゼ

 

太もも、ひざ下、腕
背中、お腹の脱毛完了回数

太もも、ひざ下、腕、背中、お腹他の部位よりも施術範囲が広く、産毛も多いため、だいたい20回通わないと完了しません。

 

太ももだけ、腕だけと、ピンポイントにお手入れしたい人は、
部位を自由に選べるサロンがおすすめです。

 

⇒ 部位を選べるサロン料金比較

 

手足の指と甲、乳輪周りの完了回数

手足の指と甲、乳輪周りムダ毛の量が少ない部位だから8回通っておけば大丈夫
意外と男性に見られている「指毛」は、必ずお手入れしておきたいですね。

 

こちらも部位のフリーチョイスができるサロンが一番適しています。

 

自由に部位を選べるミュゼが一番おすすめ

ミュゼミュゼでは、
全身から4部位選べる脱毛が400円ポッキリになるキャンペーンをしています。(6月限定)
1部位あたり100円はかなりお得ですね。

 

お試し脱毛が終わってからの料金は、Sパーツ1,500円・Lパーツ3,000円です。
他の脱毛サロンと比べて安いのか?料金を比較してみました。

 

選べる脱毛コースの料金比較

サロン 1回分の料金
(Sパーツ)
1回分の料金
(Lパーツ)
ミュゼ 1,875円〜 3,750円〜
脱毛ラボ 1,980円 5,980円
ジェイエステ 2,500円 5,000円
銀座カラー 2,625円 5,250円
エピレ 3,000円 6,000円
SパーツとLパーツってどの部分?

S=狭い部位、L=広い部位、というのは想像できますが、どの部位がどちらに分類されるのか?を具体的に知っておかないと、料金計算ができません…。

 

ミュゼの公式HPに書かれているので、必ずチェックしておきましょう!
(確認するのが面倒な人は、カウンセリングの時にちゃんと聞いておいてくださいね↓)
ミュゼ公式サイト

 

顔脱毛が完了する回数

顔脱毛完了までの回数顔は産毛が多く、脱毛の光がムダ毛に反応しにくいので15〜20回と、少し多めに通わないといけません。

 

VIOと同じくデリケートな部位だから、お肌に優しい脱毛サロンを選びましょう。

 

顔の脱毛をするなら「脱毛ラボ」がオススメ

脱毛ラボでは、他のサロンとは少し違った脱毛方式を採用しています。

 

一般的な光脱毛の原理だけでなく、施術時に塗るジェルに「抑毛成分」を配合する事で、
光では抜けにくい“産毛”にも効果があります。(この脱毛方式を“SSC[スムース・スキン・コントロールメソッド]”と言います↓)

 

脱毛ラボの脱毛方法(公式サイトより)

SSC脱毛美容効果のあるジェルを使っている!という点もお顔には嬉しいですよね♪

 

ちなみにミュゼもこの方法を採用していますが、残念ながら顔の施術はサービス対象外です…。

 

脱毛ラボ 顔のお手入れにかかる料金

脱毛ラボには顔専用のプランがないので、
“1回単発脱毛プラン”の

  • 鼻下
  • あご周り上下
  • 左右もみあげ

を一つずつ契約することになります。

 

1パーツ1回1,980円なので上の部位を全てお手入れする場合は、1回あたり5,940円かかります。
3部位でこの値段ならそこそこリーズナブルですね。
脱毛ラボ

 

全身脱毛が完了するまでの回数

全身全身脱毛コースには、背中やお腹、太もも、ヒザ下などの広い部位が含まれているので、全て完了するには18〜22回通う必要があります。

 

満足したらすぐに解約できるように
回数縛りがない月額制のサロンを選んでおいた方が良いですね。

 

全身脱毛は効果がでたらすぐ止められる
月額制の「キレイモ」がおすすめ

各部位の脱毛は完了まで何回必要か分かりやすいですが、全身脱毛は予測しにくいです。

 

エステティシャンに勧められるがまま、15回や20回のコース契約をすると、

 

“予想よりも早く効果が出て解約したい…”という時に手数料(返金額の10%)がかかります。

 

例えば、銀座カラーで「20回356,400円の全身脱毛コース」の契約をし、12回で効果が出た場合、返金額である142,560円(8回分)から手数料の14,256円が引かれてしまいます。

 

月額制といいながら実は単なる分割払いだった…というサロンが多い中、
完全月額制(いわゆる月謝制)なのがキレイモ。

キレイモ 全身脱毛の通い方
(最低2ヶ月通う契約)
経過月 お手入れ部位 かかる料金
(累計)
1ヶ月目 下半身を施術 9,500円
2ヶ月目 上半身を施術 19,000円

※3ヶ月目以降はいつ止めてもOK
その他のサロンの通い方も紹介するので、キレイモと比べてみてください。

銀座カラー (36ヶ月毎月支払い)
経過月 お手入れ部位 かかる料金
(累計)
1ヶ月目 全身を施術 9,900円
2ヶ月目 全身を施術 19,800円
3ヶ月目 全身を施術 29,700円
4ヶ月目 全身を施術 39,600円
5ヶ月目 お休み 49,500円
36ヶ月目 全身を施術 356,400円

※4ヶ月目以降は、2ヶ月に1回の通い方に変わります。

エターナルラビリンス(12ヶ月縛り契約)
経過月 お手入れ部位 かかる料金
(累計)
1ヶ月目 全身の1/4を
施術×2回
9,500円
2ヶ月目 全身の1/4を
施術×2回
19,000円
12ヶ月目 全身の1/4を
施術×2回
114,000円

銀座カラーは縛り期間が長すぎて契約する気になりませんが、エターナルラビリンスの1年縛りなら何とか頑張って続けられるかもしれない!と感じた人もいるでしょう。

 

ただ、エターナルラビリンスは予約がほとんど取れない事で有名!

全身脱毛12回コースを契約しましたが、予約が取れなさすぎてもう1年以上行けていないので、途中解約しようと思います。
※Yahoo!知恵袋より
全く予約取れません。いつもいつも取れない。生理がかぶっちゃったりなんかしても取れるのは2ヶ月先だったりして全然進まない。
※みん評より
あまりにも予約が取れずに、料金だけが取られていく!という苦情が増えて、先日ついに「消費者庁」がエタラビに対して”9ヶ月間の業務停止命令”を出しました…。
(この5年間で、エタラビ関連の相談が500件以上も寄せられていたとのことです。)

2017年4月
遂にエターナルラビリンスが倒産!
利用者をだますような事を続けていると無理もないでしょうね…。

 

長期間の契約縛りがあったり、通い方や料金が複雑なサロンよりも、キレイモのように
手数料不要でいつでも解約できるサロンが安心ですね。
キレイモ

どうして15回や20回も
通わないとダメなの?

部位によって通う回数が違うことは上で説明したとおりなのですが、なぜ15〜20回も光を当てないと効果が見えてこないのか?
既に6回も施術を受けているのに、なかなかツルツルにならないのはどうして?という疑問について、「光脱毛の原理」「発毛の性質」の2つの点を踏まえて詳しく説明していきますね。

 

光脱毛の原理について

光脱毛で使う光には、「黒い色素に反応する」という特性があります。
この光をムダ毛に当てることで、毛根がダメージを受け、ムダ毛に栄養(血液)を運んでいる毛細血管と切り離されます。“切り離された毛根は、時間が経てば自然と抜け落ちる”、これが光脱毛の原理です。

非常に効率的なムダ毛処理ができそうに見えますが、薄い毛や皮膚に埋もれている毛に関しては、回数を重ねることで初めて脱毛効果があらわれるのです。

 

発毛の性質

ヒトには「毛周期」という、毛の生え変わりサイクルがあります。
部位によって多少の違いはありますが、3〜4ヶ月ごとに毛が生え変わる、と思ってください。

毛周期は、成長初期・成長後期・後退期・休止期、の4つから成り立っていて、この中の“成長初期”と“成長後期”の成長中の毛に光を当てると脱毛効果が出ます。(後退期と休止期の毛根は皮膚の奥で眠っているため光が届かず効果がありません。)

毛1本ごとに、この毛周期が設定されているため、1回施術を受けただけでは全ての毛に効果が及ばず、数日後には新たなムダ毛が生えてきます。
人の発毛サイクル上、回数を重ねて初めて脱毛効果が見えてくるのですね。

これら「光脱毛の原理」と「発毛の性質」が絡み合い、15回や20回施術を受けて初めて脱毛効果が見えてきます。

光脱毛以外なら
少ない回数で脱毛できないの?

上の説明では、光脱毛を基準に説明しましたが、レーザー脱毛や針脱毛をした時の回数も気になりますよね。
レーザーと針脱毛についても詳しく説明していきます。

少ない回数で効果が出るけど火傷のリスクが高いレーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛の約2倍の威力でムダ毛にダメージを与えるので、効果が実感できるまでの施術回数は光脱毛の約半分で済みます。
ただ一点、注意してほしいのがレーザー脱毛は「パワーが強い=火傷しやすい」という事。
照射時の温度は瞬間的に約200℃に達するので、クリニックでは麻酔で熱による痛みを誤魔化している事が多いです。

 

レーザーより脱毛効果が高い!でも痛すぎて我慢できない針脱毛…

1回の施術で確実にムダ毛を撃退したいのなら、針脱毛が一番いいのですが、“毛穴に細い針を刺して電気を流して毛根を焼く”というメカニズムのため、ほとんどの人が激痛に耐えられず途中で止めてしまいます。
また、毛穴をいじくるので細菌が入りやすく、皮膚炎を起こす危険性があるので、オススメできません。

 

カミソリや毛抜き、テープ脱毛は何回くらいで効果が出るの?

自宅で手軽にできる「カミソリ脱毛」は、単に剃っているだけなので本格的な脱毛とは言えません。
剃った直後はキレイに見えますが、2〜3日経つと伸びてくるので、気になったらお手入れをする、を繰り返すことになります。
また、カミソリでお肌を擦り続けると、お肌の角質が剥がれ、必要な油分もなくなってしまうので、乾燥肌になってしまいます。

 

毛抜きを使った脱毛は、抜いたその瞬間に効果が出ますが、毛穴に大きな負担を与えていることを忘れてはいけません。
広がった毛穴に“汚れた皮脂”や“ばい菌”が入ると、毛穴が化膿して腫れ上がる<毛嚢炎>になってしまいます。
それだけでなく、途中でムダ毛がちぎれて肌に埋もれてしまい、皮膚の中で毛が成長し続けて肌が汚く見えてしまう<埋没毛>の危険性もあります。

 

手軽だからといって、カミソリや毛抜きで自己処理をするのは止めておきましょう。
ちなみに、脱毛テープはカミソリと毛抜きの悪い部分を併せ持っているので、使わない方が良いでしょう。

家庭用脱毛器を使った光脱毛は何回くらいで効果が出るの?

家庭用脱毛器も「光脱毛」ができるので、効果実感までの回数は、サロンの脱毛とほぼ同じと言っていいでしょう。

 

なら、サロンに行かなくても気軽に脱毛できる家庭用脱毛器の方がいいよね?と思われがちですが、ホクロやシミなどの“黒い色素が濃い部分”に光を当てると火傷をするので要注意!

 

その点、サロンでは脱毛マシーンの扱いに慣れたエステティシャンが、お肌の状況をしっかりと確認しながら光を当て、施術後は“保湿&美肌成分がたくさん含まれたジェル”で丁寧にケアしてくれるので、肌に優しい脱毛ができます。

脱毛方法別「効果がでる回数」と「肌へのリスク」比較表

脱毛方法 効果が出る
回数
肌への
リスク
光脱毛
脱毛サロン
部位によるが
平均10〜15回
リスクなし
光脱毛
家庭用脱毛器
サロンと同じくらい 慣れていないと火傷する
レーザー
クリニック
サロンの半分 火傷の危険性が高い
レーザー
家庭用脱毛器
同上 同上
針脱毛 即効性あり 痛みが強すぎる
カミソリ 一時的な効果
剃り続けないとダメ
肌を傷つける
乾燥肌になる
毛抜き 即効性あり
すぐに復活
痛い
毛穴が広がる
毛嚢炎になる
脱毛テープ 毛抜きと同じ カミソリと毛抜きのリスクが全部ある

少ない回数で効果が出る脱毛方法は、肌へのリスクが高いことが分かりますね。

 

お肌を傷めてしまうと、完治するまで脱毛がお預けになるだけでなく、治ったとしても一生傷が残ってしまう事もあります。

 

お肌のことを考えると、脱毛サロンでじっくりと効果を出していく方が安全でいいですね。

【コラム】少ない回数で
脱毛効果をUPさせるコツ

施術前のシェービングを怠らない!

サロンに行く前には、伸びているムダ毛をある程度短くしておかないといけません。

事前処理をして来なかった人は、光を当ててもらえないケースが多いので、施術前のシェービングは必須です。


ただ、背中やOラインといった“手が届かない部位”はサロンで対応してもらえるので、無理に剃る必要はありません。


どの部位をどれくらい処理していけばいいのか?については、施術前の自己処理の程度と範囲についてを参考にしてください。

ドタキャンは×!予定の管理はしっかりと

急用でドタキャンしてしまう場合は仕方ありませんが、ある程度予測できる事柄(生理や旅行など)はシッカリと管理し、予約キャンセルを極力避けましょう。


人気サロンだと、次回予約が2、3ヶ月後以降になってしまう事があります。

日焼け・飲酒のタイミングに気を付ける

ほとんどの脱毛サロンでは、「日焼けした人」や「来る直前に飲酒した人」に対して施術をしません。

  1. 黒く焼けた肌に光を当てると火傷するから
  2. 飲酒で体温が上がると肌が敏感になり、皮膚炎を起こすから

これらが脱毛してもらえない理由です。

また、サウナやスポーツも急激に体温が上がるので、施術前後は禁止です。